ブログ


9月16日防犯注意情報

国勢調査の「かたり調査」に注意

9月14日から、5年に一度の「国勢調査」が実施されます。調査員によって調査書類が各世帯に配布されます。

 

このような統計調査では、調査員になりすまし、個人情報を聞き出す「かたり調査」の発生が懸念されます。調査員を名乗る者の訪問や、電話があれば下記の事にご注意ください。

 

◎国勢調査員は調査員証(総務省統計局長発行、顔写真つき)と腕章を常に携帯しています。訪問があれば、必ず調査員証等を確認しましょう。

◎国勢調査では、金銭を要求したり、銀行口座の暗証番号やクレジットカード番号を聞くことはありません。調査員を名乗る者の言動に不審な点があれば、警察に通報していただくか、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

 

不審電話

京都府内の複数の高齢者宅に、役所の職員を名乗って「還付金がある。コロナの影響で手続きが遅れている。まだ手続きができる。」旨の詐欺の電話がありました。いずれも、不審に感じた高齢者が電源を切って、役所に確認したことで、被害に遭われていません。

 

寝屋川市仁和寺本町にお住いの高齢者方に銀行名を騙った男が、「ご主人名義の口座からお金が引き出されています。」等という不審な電話がありました。
電話を受けた方が、一度電話を切り、直接銀行に確認したところ、電話で名乗った男は存在しておらず、そのような電話の事実も無いことが判明しました。

 

不信電話は同じ地域で連続発生する傾向があります。

不審な電話がかかってきたときは、一度電話を切るなどして、一人では判断せず、ご家族、知人、友人、警察等に必ず相談してください。

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 フレンド・シティ防犯センター. All rights Reserved.